センターレス研磨による段付きシャフトの高速製造

🏠ホーム  >  加工技術  >  センターレス研磨による段付きシャフトの高速製造

ンターレス研磨による段付きシャフトの高速製造

複数の工程を必要とする部品を1回の加工で生産できる設備がここにはあります。
OA機器・自動車関連、モーター軸等、シャフト加工を専門に行ってきた、当社だからできるスピードと品質をお届けします。

センターレス研磨と円筒研磨の違い

センターレス研磨とは、固定された支持刃(ブレード)と、回転する調整車(コントローラー)、 研削砥石の3点支持で工作物の回転と送りを調整することによって、工作物の外周を研削する加工方法です。
自動供給装置などと組み合わせることで量産に対応でき、長尺の工作物でも全体を支持刃で支持できるため、 たわみが少なく研削精度を一定に保つことができます。

センターレス研磨

通し研磨

調整車(コントローラー)の軸心を、加工物の軸心に対して 1°~4°傾ける事により 工作物が軸方向に送られ連続的に研削できる加工方法です。

通し研磨

仕組み図


停止研磨

工作物を支持刃(ブレード)と、回転する調整車(コントローラー)で支持し、砥石を送り込んで研削します。

工作物の形状に合わせて調整車や砥石を成型することにより段付きやテーパー、R形状まで加工することが可能です。

停止研磨

仕組み図

円筒研磨

工作物の両側にセンター穴をあけ、両センターにより支持し
回転させ、回転している砥石を押し当て研削する加工方法です。

高精度の加工が可能ではありますが、芯だしやチャッキングに時間が掛かります。

円筒研磨

仕組み図

► センターレス研磨の円筒研磨に対するメリット

  1. 連続生産が可能なので、加工時間の短縮ができる
  2. 支持刃があるので加工物のたわみの影響がなく長尺物の加工ができる
  3. 加工物にセンター穴を開ける必要がない

► センターレス研磨の円筒研磨に対するデメリット

  1. 円筒研磨に比べると少し精度が劣る

センターレス研磨でも、段付きやR形状の加工ができます

当社では、5軸NCセンターレス研削盤を導入しておりますので、「多段付き」、「R形状」でも1回で研削加工が可能です。

センターレス研磨でも、段付きやR形状の加工ができます。
センターレス研磨でも、段付きやR形状の加工ができます。
センターレス研磨でも、段付きやR形状の加工ができます。
センターレス研磨でも、段付きやR形状の加工ができます。
カム式自動旋盤を使いこなす
お問合せはこちらから
カム式自動旋盤買取りいたします!

シャフトなどの高精度切削加工から当社の原点でもあるセンターレス研磨加工、協力業者との連携による高品質表面処理まで、一貫体制によりお客様のご要望にお応えします。

新着情報